朱里とジャックラッセルテリアのメリアの日常を綴っています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫が欲しいワン
2006年03月08日 (水) | 編集 |

今朝、パパさんが関東便449から帰宅
そのままメリアさんの散歩に行ってくれました

お昼に少しお外に連れて行ったら
にゃんこ283がお昼寝中75
メリアさんスイッチON42
猫ちゃんお騒がせいたしました421


[続きを読む...]
緊急呼び出し
2006年03月07日 (火) | 編集 |

今朝朱里が登校してからブログをカキカキ
AM8時30分を過ぎた頃、1本の電話がかかってきました85
小学校の担任からでした。
「朱里さん気分が悪い様で吐いておられます286
いつもと変らずに登校したのに朝の会で既に吐き出したらしい
急いで迎えにいくと保健室の中

実は朱里が入学して初めて入った保健室

ベッドで寝ている朱里は既に意識朦朧
こりゃやばいと速攻で主治医376の病院へ448355
受付けをすっ飛ばし、そのままベッドで診察
点滴2本で意識回復、病院でも数回吐いて
座薬も入れて薬をいただきやっと帰宅。

お腹の風邪だそう。
学校で流行っているって
いつも朱里は病気の流行最前線だよなぁ~
インフルエンザもそう・・・

[続きを読む...]
最近
2006年03月07日 (火) | 編集 |

朱里は2歳から保育園2ヶ所、
3歳からは幼稚園3年間行きました。
合わせて合計3ヶ所
特に保育園2ヶ所の時は手作り品が多くて
それぞれ保育園の規格があり
半年ごとに手提げカバン等を作った覚えがあります。
「お母さんの手作りで!」の言葉がとてもプレッシャーでした。
生地選び、ミシンの調子、名前付けさえ注文品だったり・・・


先日、朱里の小物入れを作るのに手芸屋さんに行ったら
朱里の好きそうな「たまごっち」のキルティングを見つけました
さすがに高いなぁ~ 20cmだけ買いました

2006-3-7-1.jpg

昨晩ミシンで作って朱里の枕元へ・・・
今朝見つけ喜んでいただけました
「ママ、朱里より上手だね363」って
貴方より下手だと困ると思うのですが388

[続きを読む...]
食べ物ネタばっかり
2006年03月06日 (月) | 編集 |

昨日の土手煮(焼)を今日お昼御飯に頂きました429
牛スジ肉もトロトロで~
レシピ通りにお味噌少し、お酒少し、青ネギ足して
出来上がり~420
昔食べた懐かしい味がいたします。
ご馳走様でした

KC350001.jpg

[続きを読む...]
おNEWの携帯
2006年03月05日 (日) | 編集 |

今日は新しい携帯電話214を受け取る日
今回携帯会社を変えたので
今までお気に入りだった携帯機種を取り扱っていなくて
初めての携帯に四苦八苦
扱いに慣れるには暫くかかりそう
慣れだけでなく、以前のシャープ製は良かった420
今回は携帯カメラの画素数もUPしたけれど・・・
使う私がまだ使い慣れない・・・ふぅ~
これでもっと可愛い朱里さんとメリアさんが写せるかしら361

21a57dac.jpg

[続きを読む...]
生命力
2006年03月04日 (土) | 編集 |

今朝は生協の荷受が済んでから玄関の雪掻き191を少々・・・
心配していたクリスマスローズは何とか生きておりました339
でも蕾がどうも駄目なものがありそうです409

今日は午後から朱里のポニークラブ

SNOW
2006年03月03日 (金) | 編集 |

今朝起きて外見たら雪やん405
朱里も準備にてこずり泣く始末406
スキー服来て登校しました。フゥ~

メリア286の散歩はプチ吹雪の中474になりました。
久し振りのラッセルラッセル
雪食べて又お腹壊すよ404

2006-3-3-4.jpg

2人のお雛様
2006年03月02日 (木) | 編集 |

昨晩やっと(今頃?!)お雛様477を出しました。
ここら辺は旧暦(3月31日)まで飾っているので
まっ・・・いいか・・・

私のお雛様は今は亡きおばあちゃん510が大阪松屋町で買ってくれた
当時私が住んでいた家では大きなお雛様が飾れずに、
コンパクトサイズの木目込人形を買ってくれたそう。
数年前、お雛様の頭の飾りが壊れて、
近所の人形のはなふ○に持っていったら
とても良いお人形ですね!って言われて嬉しくて・・・
朱里のお雛様セットと違うところは、昔のお道具ってプラスティックって
あまり使っていないなって思いました。
最近のはちょっと安っぽい感じがします。

朱里のお雛様は私がバラで少しずつ集めて購入しました。
なので飾り台がないので毎年工夫を凝らして飾ります。
今年はダンボールと大きなコタツ机を使いました。
お内裏様とお雛様の下に道具が飾ってあるのですが
ごちゃごちゃしているので、このお二人だけ撮影しました。

2006-3-2-2.jpg 2006-3-2.jpg

いぬのうんめい
2006年03月01日 (水) | 編集 |

私のMAIN HPにバナーを貼っていますLIVING WITH DOGSの記事
小野千穂のドッグエッセイ: 動物孤児院 (30)「クレアの犬特集、見ましたか」  の記事をコチラに載せます。
少し長い記事ですが宜しければお付き合いください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「クレアの犬特集、見ましたか」


こないだの「クレア」という雑誌の、犬特集をごらんになりましたか。
私はその雑誌を空の上で見ました。チャイナエアラインです。何と思いがけなくビジネスクラスにアップグレードされたのです。機内食は和食を頼んで、上機嫌でした。そのときマガジンラックに「クレア」という雑誌が見えたのです。しかも、「気絶するほど犬が好き」と題した犬特集。抱きしめたくなるようなゴールデンレトリバーの小犬が見えました。
雑誌を開けようとして、目に入ったのが、「いぬのうんめい」という記事の紹介です。ガーン!そうです、保健所に入れられた犬が7日目にどうなるか、「うんめいの日」までも毎日カメラにおさめて、ルポした記事だったのです。

これで食欲はゼロになりました。白いリネンの上に並べられたごちそうでしたが、胸がいっぱいで食べられませんでした。

それから3日間、毎晩怖い夢を見て、うなされたのです。話には聞いていたけれど、こうして写真で、はっきり見るのは初めてでした。この記事を書いたライターが檻に手をのばすと、犬がぺろぺろと手をなめるのです。最後の日の朝、檻は2メートル四方の鉄の箱にまで狭められ(つまり犬たちはぎゅうぎゅう詰めにされて!)、酸素を抜かれて殺されるわけ。

黒い鉄板が四方から迫ってくるときの犬たちの恐怖を考えると、眠れなくなってしまうのです。

しかも、この鉄の箱の名前は「ドリームボックス」と呼ばれるというではないですか。この名称に、私は絶句・・・です。


他に、もっと親切な、平和な「殺し方」はないのでしょうか。恐怖を味あわせなくて殺す方法はないのでしょうか。

そして、もちろん、人間的な殺し方を考えるよりも、まず、

   殺さずにすむ方法はないのでしょうか。
 
私は今、そのためにはどうしたらいいのだろう、具体的にどうしたらいいのか、何ができるか、そのことを毎日毎日考えています。


そして、このことを私たちは、もっと公にしなければなりません。「見捨てられた犬たち」がどうなるのか、人はあまり考えたくないのだと思う。ああいった
雑誌を見て、「かっわいい!」「ほしい!」と思うだけなんだと思う。


だから、その意味では、あの記事はすごい。何がすごいかというと、「クレア」の犬特集に、ああいう記事を載せたということがすごい。他の記事と、あまりにも対照的だからです。あの雑誌を買った人は、あの記事を避けて通ることはできない。そして、一人でも多くの人が、「こうやって日本では毎日毎日、かつてはかわいい家族の一員だった犬たちが、恐怖のもとで殺されています。一年で何十万頭も!」ということを、「知る」という点では、すばらしい企画だったと思うのです。

私はそのことで、「クレア」の編集部の人たちに礼状を書くつもりです。

ええと、それから、ドイツに帰るときに乗ったチャイナエアラインで、再び「クレア」の次号を見ました。最後の頁の読者欄に、だれかが書いていました
よ!「いぬのうんめい」を読んで泣いた!と。

泣いたのは私だけではなかった、と思いました。

日本からこの忌まわしい「ドリームボックス」が廃止される日が来ますように。犬たちが殺される代わりに孤児院に収容され、犬を飼いたい人は動物孤児院に行って見つけることが「常識化」される日が来ますように。


これをお読みになったみなさま、どうぞ、「いぬたちのうんめい」のことを、なるべく多くの人たちと語ってください!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前あこちさんのブログボク達は家族。ヘムちな毎日内の記事
2005年9月 2006年1月
を読んで私のブログにも2度載せました 2005年9月 2006年1月

2月27日から今日までの鳥取保健所管内の犬・猫収容は無しでした。
でも飼い主募集のページは9月30日から更新されていません。
それから今日まで収容はあったはず・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。