朱里とジャックラッセルテリアのメリアの日常を綴っています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老い
2006年01月25日 (水) | 編集 |

今日朝の散歩で久し振りに会った雑種のだいちゃん
ビックリする程老衰で弱っていました。
もう普通には歩けなくなってしまっただいちゃん
飼い主の奥さんがゆっくりゆっくり一緒に散歩をしていました。
飼い主のご主人も心配そうに見守っていました。
どの犬にも・・いやいや生き物全てにいつかはやってくる老い
とても寂しくなりました。

夕方夕食の準備をしていたらテレビに映ったワンちゃん達
暫く手を止めて番組を見ました。
遺伝子疾患、近親相姦・・・
小さな犬を作るためには同じ親から生まれた兄弟を交配させているとか
特別な色の犬を作り出す為に繰り返される遺伝的交配
その結果生み出される障害を持ったワンちゃん達
通常交配でも障害を持ったワンちゃんは生まれますというブリーダーさん
お客さんがもっともっと小さい犬と注文されるというブリーダーさん

保護のお手伝いをされている女性が涙ながらにカメラの前で訴えていた
「もし人間の子供なら障害があっても親は必死で育てるのに、どうして・・・」

殺される寸前で保護された耳の聞こえないワンちゃん、
脳に障害があってクルクル周り続けるワンちゃん、水頭症のワンちゃん・・・

メリアが我が家にやってきて知らない世界を知った
知ったからにはこれ以上不幸なワンちゃんが増えない事を願いたい。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。