朱里とジャックラッセルテリアのメリアの日常を綴っています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぬのうんめい
2006年03月01日 (水) | 編集 |

私のMAIN HPにバナーを貼っていますLIVING WITH DOGSの記事
小野千穂のドッグエッセイ: 動物孤児院 (30)「クレアの犬特集、見ましたか」  の記事をコチラに載せます。
少し長い記事ですが宜しければお付き合いください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「クレアの犬特集、見ましたか」


こないだの「クレア」という雑誌の、犬特集をごらんになりましたか。
私はその雑誌を空の上で見ました。チャイナエアラインです。何と思いがけなくビジネスクラスにアップグレードされたのです。機内食は和食を頼んで、上機嫌でした。そのときマガジンラックに「クレア」という雑誌が見えたのです。しかも、「気絶するほど犬が好き」と題した犬特集。抱きしめたくなるようなゴールデンレトリバーの小犬が見えました。
雑誌を開けようとして、目に入ったのが、「いぬのうんめい」という記事の紹介です。ガーン!そうです、保健所に入れられた犬が7日目にどうなるか、「うんめいの日」までも毎日カメラにおさめて、ルポした記事だったのです。

これで食欲はゼロになりました。白いリネンの上に並べられたごちそうでしたが、胸がいっぱいで食べられませんでした。

それから3日間、毎晩怖い夢を見て、うなされたのです。話には聞いていたけれど、こうして写真で、はっきり見るのは初めてでした。この記事を書いたライターが檻に手をのばすと、犬がぺろぺろと手をなめるのです。最後の日の朝、檻は2メートル四方の鉄の箱にまで狭められ(つまり犬たちはぎゅうぎゅう詰めにされて!)、酸素を抜かれて殺されるわけ。

黒い鉄板が四方から迫ってくるときの犬たちの恐怖を考えると、眠れなくなってしまうのです。

しかも、この鉄の箱の名前は「ドリームボックス」と呼ばれるというではないですか。この名称に、私は絶句・・・です。


他に、もっと親切な、平和な「殺し方」はないのでしょうか。恐怖を味あわせなくて殺す方法はないのでしょうか。

そして、もちろん、人間的な殺し方を考えるよりも、まず、

   殺さずにすむ方法はないのでしょうか。
 
私は今、そのためにはどうしたらいいのだろう、具体的にどうしたらいいのか、何ができるか、そのことを毎日毎日考えています。


そして、このことを私たちは、もっと公にしなければなりません。「見捨てられた犬たち」がどうなるのか、人はあまり考えたくないのだと思う。ああいった
雑誌を見て、「かっわいい!」「ほしい!」と思うだけなんだと思う。


だから、その意味では、あの記事はすごい。何がすごいかというと、「クレア」の犬特集に、ああいう記事を載せたということがすごい。他の記事と、あまりにも対照的だからです。あの雑誌を買った人は、あの記事を避けて通ることはできない。そして、一人でも多くの人が、「こうやって日本では毎日毎日、かつてはかわいい家族の一員だった犬たちが、恐怖のもとで殺されています。一年で何十万頭も!」ということを、「知る」という点では、すばらしい企画だったと思うのです。

私はそのことで、「クレア」の編集部の人たちに礼状を書くつもりです。

ええと、それから、ドイツに帰るときに乗ったチャイナエアラインで、再び「クレア」の次号を見ました。最後の頁の読者欄に、だれかが書いていました
よ!「いぬのうんめい」を読んで泣いた!と。

泣いたのは私だけではなかった、と思いました。

日本からこの忌まわしい「ドリームボックス」が廃止される日が来ますように。犬たちが殺される代わりに孤児院に収容され、犬を飼いたい人は動物孤児院に行って見つけることが「常識化」される日が来ますように。


これをお読みになったみなさま、どうぞ、「いぬたちのうんめい」のことを、なるべく多くの人たちと語ってください!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前あこちさんのブログボク達は家族。ヘムちな毎日内の記事
2005年9月 2006年1月
を読んで私のブログにも2度載せました 2005年9月 2006年1月

2月27日から今日までの鳥取保健所管内の犬・猫収容は無しでした。
でも飼い主募集のページは9月30日から更新されていません。
それから今日まで収容はあったはず・・・

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。