朱里とジャックラッセルテリアのメリアの日常を綴っています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
探し物
2007年09月23日 (日) | 編集 |

今日は朱里の本を探しに大手古本屋さんへ
そこで出会った1冊の本

人の心を持った犬―野犬・太郎と私の日本平物語 (幻冬舎文庫)
人の心を持った犬
―野犬・太郎と私の日本平物語 (幻冬舎文庫)

遠藤 初江 (2002/08)幻冬舎
この商品の詳細を見る

小さい本の中に凄い世界があるものだと
一気に読んでしまいました。
朱里も読み始めました。
この本については色々な方の見解があるようです
私も正直全て共感できるわけではありません
野生化している犬が人間社会で暮すという
難しい問題
考えさせられます
この本には続きがあります。


朱里の欲しかった野性のエルザは
実家からの連絡でありませんでした。

コロボックルの本もありませんでした。

あとは・・・・・・・・
ネット頼みです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。